Life is very short. TSUKION BLOG

無知と偏見を経験が凌駕する!

ベトナム ハノイ観光 体験談から知る ベトナムって面白い!~前編~

ベトナムは活気に溢れ、貪欲で、平和ボケしていない場所だった

 

ベトナムに行くなんて夢にも思っていなかった。

だってベトナムと言えばベトナム戦争。

私にとってはそんなに古い出来事でもないんですから。

私のイメージするベトナムは やっぱり

人間爆弾、枯葉剤、ナパーム弾、

プラトーン、カジュアリティーズ、グッドモーニングベトナム。

でも、ぜんぜん違った。

パワーみなぎる、治安ランキング57位の国だった。

(治安いいの?悪いの?57位って)

 

 

早くも空港でひとつ心得たカンジ

急に行くことにしちゃったのでね、経由便しかとれなくて

香港で5時間ぐらい待っちゃった。

空港から出るのも、旅慣れてないから躊躇。

ひたすら空港の土産物屋をみてまわるという愚行。

ほんと、直行便なら5時間ぐらいで

着いちゃうんですよ。

ドラゴン航空とか乗らずに。

でも、ドラゴン、最近運航停止になったとか。

龍の絵を描いた機体、貴重だったかもしれません。

 

 

どこの国に行くにも、夜到着便はやめたほうがいいと

なにかで読んだことがあります。

ベトナムもおそらくはご多分に漏れず。

私は夕方到着だったんですが、

タクシーで市街地まで行くんですけど

この「客争奪戦」がね、なかなか新鮮で。

これ、夜だったらなんかイヤかも。

 

で、値段がね、運ちゃん次第っつーか、運次第っつーか。

あまり安すぎても怖いし

車がボロボロなのも怖い。

円なのか、ドンなのか、ドルなのかも

ハッキリさせておかないと、なんて

ガイドブックには書いてあったけど

典型的な日本人の私としては、なかなかどーして

言いにくい。

そもそも、最初に交渉した人をやめて

はい、次の運ちゃんどうぞ~

とか、なんか悪くないですか?

 

と思ったのもつかの間

最初の運ちゃんの強引な感じにカチンときてからは

「ノーノー、高いからあんたのには乗らない。」

とか

「ドンだよね?この値段ドンだよね?間違いないよね?」

とか

言えてました。はっきりとね。

 

で、緑っぽい線の車体のタクシーがいいよ、なんて

事前情報もあったので

それらしいのを見つけて

いざ、ハノイへ。

 

 

ホテルは安定の、日系

 若かったらね

ドミトリー的な所も楽しかったかなと思います。

自由な感じで、若干の不安も感じつつ

まんじりともしない夜を過ごす、

なんていう経験もしてみたいですよね。

 

ま、若くないんでね。

いいホテルに泊まらせてもらいます。

 

ホテル内は決められたところ以外は禁煙でして

私はタバコ吸うので、いちいち10階から

2階の喫煙室に行かねばなりません。

でも、なにか「動く」っていうのは

面白いことと遭遇する確率が上がるので

旅ではその方がいいですね。

 

喫煙室でたまたま出会った日本人の方は

一人で初めてのベトナム。しかも仕事。

自社で働いてもらう若者をスカウトしに来たんでっすって。

英語もできず(もちろんベトナム語も)

エレベーターの乗り方(カードキーかざしてからボタン押すやつ)

もわからないって。

日本円はどこでベトナム通貨に換えるんですか?って。

大丈夫かね。

ライターも持ってねー。

ひとつ差し上げたら、飴1個くれました。

わらしべ長者なら、もう一段上の価値のものくれるんだけどな。

翌日偶然にもホテルの出口で、意気揚々と出掛けていく

わらしべに出くわしましたけど

大丈夫かね。

 

 

名物、バイクタクシー

ホテルの部屋の窓からは見えてたんですが

ほんとに、とにかくバイクがすごい。すごい数。

そんなバイクの合間で

転んじゃってる自転車もいる。混沌。

道、渡れない。ムリ。

と思っていたら、

この旅をガイドしてくれる人が

颯爽と現れました。

あ、これ息子なんですけどね。

ここ1か月ばかりベトナムに滞在中でしたので

よきガイドになってくれまして。助かった。

もうね、彼はスイスイと道を渡れてました。

「3日ぐらいで慣れるよ。

慣れて渡れないと生活できないからね。」と。

2泊3日の予定の私は

慣れる前に帰るのですね。

 

まずはホアムキエン湖へGO!

有名どころに行くべきです。初めての時は。

したら、ワラワラと現れる

バイクタクシーの方々。

圧倒されましたが、乗ってみた。

「やめたほうがいいんじゃ?」

という声もはね除けて、いざ!

だって!1ドルでいいんだって!

安っ!乗ろ!乗ろ!

一応ヘルメット、頭にグイグイ被されて 出発。

 

ひゃあ~~~ 気持ちいい~~~

ぶつかる~~~ひゃあ~~~

 

ふと横を見ると

赤ちゃん抱いた女性のバイクがブーーーンと追い抜いた。

「それは、やめなさい。」

と 心から思いました。

 

到着。はい、待ってましたの噂のボッタクリ。

全部で1ドルって言ったのにさ

1人1ドルだって言うわけさ。

そしたらさ、ガイドやってくれてる人、

要するにうちの息子がさ

バイクのおっさん相手に、説教始めたよね。

息子よ。杉田二郎もびっくり。

おじさんはしょんぼり。

「もうお金いらない。」って去っていこうとしたので

ま、そこは 無理矢理 1ドル握らせて 終わらせました。

 

 

 

余談なんですけど

なぜかベトナムに行ったら、わずかなお金にも

シビアになれた。

そんな自分を隠そうとも思わない。

ベトナムドンなんて1000ドンちがっても

5円とか10円の差なんだけど

なんかムキになる不思議。

それでいい。

 

嗚呼! ベトナム!   ~後編に続く~

 

tsukion.com