Life is very short. TSUKION BLOG

無知と偏見を経験が凌駕する!

体験談

棕櫚(しゅろ)のほうきを買ってみた。断然おすすめいたします。

掃除がイヤなら道具から入るという手段 一言でホウキと言ってもピンからキリまである。 どっちがピンでどっちがキリだかいまだによくわからないが、 (鰻の松竹梅もどれが1番高いのかわからなくなる。どうでもいいことです。) 安いものでは百均でも買える…

トイレ交換した。綺麗で気持ちいいけど、これって・・・。

便利さは私たちを堕落させやしいないかい? かれこれ20年近く使ってたトイレを交換した。 いいことづくめに違いないんだけど そんなトイレにさえ愚痴れる自分が ここにいる。 トイレ交換を考えてる方に いいとこ、悪いとこを いかにもなカンジでお教えしまし…

職人さんへのお茶出しはどうするのが正しいのかについての考察

お茶出しの1番効率がいいと思われる方法 まずは私がこれが正解と思ったやり方をお伝えしたい。 の前に、 そもそも、お茶出しが憂鬱と思っている方は そんな無理してやらなくてよろしい。 「お茶出し」は特有の文化で、今の時代、強制されるものではない。 …

中高年になると怒りの抑制がきかなくなるのだろうか?

カチンとくることが顕著になってきて嫌になる 例えば遥か昔(ふんっ)、私がまだ20代だった頃、 どこかのお店とかでやたらと態度の悪い店員さんがいたとしても 文句なんて言ったことなかった。 文句を言おうという発想すら無かった。 文句なりを言ってその状…

骨を丈夫にしたい。50代になって顔から転んだことがありますか?

危機感高まる50代、転んだら折れる まずは状況をお話ししたいのだけれど そんなことはどうでもよくって、骨にいい事だけ知りたい方は この章は飛ばしてください。 いや、ホントは聞いて欲しいのよ、悲惨な出来事。 こんな顔になっちゃったんだもの。(最下部…

ママ友が必要かどうか、おばちゃんが教えたる!

古今東西、変わらないママ友の呪縛 四半世紀も昔と変わらないママ友事情がある。 SNSのおかげで、それはさらに大変になっているようではないか。 大抵の人がうまくやっている中で 深刻に苦労している人もいれば ママ友なんていらないという人もいる。 私は …

7段飾りの雛人形、やらかした50代姉妹の悲劇

今週のお題「雛祭り」 7段飾りの雛人形を飾るのは辛い年代に入った。 ましてや、80を過ぎた母に手伝わせるのは虐待に等しい。 考えあぐねた末に出した結論は お内裏様とお雛様だけ残して 後の方々には引退していただくというもの。 他にもガラスケースに入…

同居が決定的になってきたらまずやるべき事。笑って読んで欲しい。

同居、いいも悪いも選択の余地はない。だったらやっておく。 実父母であろうと、義父母であろうろ、1人であろうと、2人であろうと どんなにいい人であろうと、仲良しであろうと 同居はその人たちの関係性を間違いなく変えるものです。 あんなに理解のあった…

偏食が大人になっても治らなかったけど、元気です。

偏食歴半世紀以上のワタクシが赤裸々に語る 偏食の子を持つ親御さん、目下偏食中の若者、 色々と心配でしょう。 偏食人生がどんなものだったかを 実体験をもとにお伝えします。 生きて行く上で、偏食であることは不都合であるのか否か。 ちなみに、ワタクシ …

「バックパッカーします。」と息子が言った日。~第3弾~

成すべき事を成すまでだ。成すべき事とはなんだ。 子供やら、大切な人やらがいつかバックパックひとつで旅に出ると言い出したら もはやそれは 「止めるも地獄、行かせるも地獄」 であるということを解いてきました。 そのあたりの事はこちらの記事でお読みく…

節分の鬼より怖いうちのばーちゃん

今週のお題「鬼」 四半世紀ほど前に死んだうちのばーちゃんは鬼だった。 明治生まれの気の強い女で、 私はこれまでばーちゃんよりキツい女を見たことがない。 そんなばーちゃんを姑に持った私の母親は 顔面神経痛、円形脱毛症、果てはメニエール病まで発症し…

「バックパッカーします。」と息子が言った日。~第2弾~

かわいい子には旅を…とか言われてもねぇ ある夏の夜、「バックパックで世界周ってきます。」と子供に宣言された親です。 その夏の夜の顛末はこちらからご覧いただけます tsukion.com そんな、いらないサプライズをもらった親御さん、ご家族の皆さん、 重ね重…

「バックパッカーします。」と息子が言った日。~第1弾~

世界一周する人がこんな身近にいたなんて バックパッカーで海外に行ってくると言うお子さんをお持ちの方、 お気持ちお察しいたします。 実際にそれを実現した息子を持つ親の 体験談と心構えをお話したいと思います。 宣言された日 忘れもしない蒸し暑い夏の…

カラオケで「演歌」歌うなら、選曲のコツ教えます。とっておきの曲も教えます。

「演歌」を密かに練習するなら今だ。 家時間が長くなると色々なことを考える。 ひっさびさにカラオケでも行きたいよな~。 歌いたい曲を考えるどころか 歌う順番まで考える始末。 病んでいるのか、自分。よく問いかけることである。 しかしながら 最近の曲な…

ひとり時間を有意義に過ごす。考えるより動き出す、うちの夫の具体例

あえてひとり時間を作り出す 私は1人でどこかへ行くのが得意じゃない。 たぶん尋常でない方向音痴に起因していると思う。 しかし、これからは 自分の年代的にも、そして時代も、「1人で動く」ということが主流になっていく気がしてならない。 そこで! 「え…

夕飯作りが面倒くさい時ってないですか?どうしますか?

そりゃ、夕飯作るの面倒くさい時ってありますよぉ こと夕飯に関しては 金で解決できることならば躊躇なく投資したい。 というのが私の正直な考えです。 しかしながら、そんな潤沢な資金があるわけもありません。 要するに、いっつもいっつもお総菜屋さんで買…

「夫婦喧嘩」仲直りできるのかは こっちが許せるかどうかにかかっている。その方法教えます。

夫婦喧嘩に門外不出の解決方法 普段仲睦まじい2人ほど本気の喧嘩になるとえげつない。 日々の飲み込んでいる小さな鬱憤が知らず知らずのうちに澱のように溜まる。 早期発見、早期解決しないと大変なことになりますよ。 私が伝授する方法を試すには条件があり…

ゴルフコースデビューの方必見。私の大惨事を読んで安心してください。

下には下がいるっていうか・・・ ゴルフ場で起こったとんでもないハプニング。 身をもって経験した私からお伝えしたい。 「備えあれば患いなし」など ちゃんちゃらおかしい。片腹痛いわ。 私がゴルフを始めたのはもう四半世紀も前の事だ。 そのくせここ20年…

骨粗鬆症に要注意 家で転ぶこともあるんで。また中年ネタで恐縮です

今週のお題「自分にご褒美」 家の中で転ぶという失態をやらかした。 ぶざまだ。 アサリのお味噌汁を作るのに ちょっと目を離していたら、アサリが口を開いたらしく 一気に吹きこぼれたので 慌てて火を止めようとしたという状況下であった。 どこかをしこたま…

小さなカフェ ひとりでカフェ経営 お客様と関わるには覚悟がいるのです

こんなにシビアな心構え 小さなカフェをオープンして5年が経っております。 これからカフェを開業しようという方に小さなきづきをお伝えしています。 狭小カフェの特徴として、ただ単にコーヒーやフードを提供するだけというわけにはいきません。 すぐ目の前…

結婚前に教えておいてほしかったこと。夫選びの基本の基

楽しく末永い結婚生活をお祈りいたします 私の周りにいた大人の女性たち。 なぜ私に結婚のなんたるかを教えてくれなかったの。 なぜ最初が肝心ともっと口酸っぱく言ってくれなかったの。 いや、それがわかっていたからって人生が大きく変わっていたというこ…

小さなカフェ開業 ひとりでカフェ経営 経験した小さな気づき

憧れのカフェ、上手くいってほしいです とある観光地。わずか4坪という狭さで カフェををオープンさせました。 あっという間に5年が経ちました。 あまり深く考えずにポロっと始めてしまったというのが正直なところ。 しかし!! その考えはダメ。ぜったいダ…

長話を切り上げる方法を真剣に考えなければいけない状況に陥ったので考えた

こんな所で立ち話もなんですからってこと 美味しいお刺身が食べたくて、デパ地下をウロウロ歩き回って、ようやくお目当てのものを入手した私は、やっぱお刺身にはお吸い物だよね、なんてハマグリ売り場に向かって猛然と歩いていたんだ。 炊飯器のタイマーを…

小さなカフェ開業 1人でカフェ経営 あなたの心は折れないか?

ワンオペカフェを成功させるために ワンオペでカフェを5年間やってきました。 小さなカフェをひとりでやりたい、と 憧れる方は多いでしょう。 ドリップで珈琲を淹れることにこだわり 豆にこだわり、 内装に、ディスプレーに、カップにもお皿にも 張り紙1枚に…

宮古島観光 レンタカーでの「あのこと」を話します。

何が起こるかわからないのが旅の醍醐味 その旅を成功に導くのはほかならぬハプニングだ。 失敗やハプニングこそがその旅を彩りあるものに変えてゆく。 美味しい料理や美しい風景ばかりが思い出ではない。 満を持して「あのこと」をお話ししよう。 降り立った…

いつかセールス電話に一矢報いてやる

なんとなく気分のいい秋晴れの昼下がりを返せ 秋晴れでねーー。 なんか南米とかエクアドルとかよくわかんないけど なんかあっちの方で、とにかくすごい遠い所で なんか蝶々がバタバタ羽ばたいたかなんかで あれやこれやで、プチ気候変動みたいのでも起こって…

「愛の不時着」を一気に観るのはやめなさい

4日で見切った全16話、その日々を綴る [愛の不時着」そのものの内容に触れることは一切ない。 一人の主婦が短期間で一気見した時の記録である。 そのことがどういう結果をもたらしたか、 そのことが平凡な主婦の何を変えたのか。 2つ上の姉の強い勧めに従っ…

粉瘤(良性の皮下腫瘍)ができたので切除した話。脂肪の塊とは違います。

首の後ろの少し下の部分に何か塊ができた 15年以上かけてこぶし大に成長したそれは 痛くもないし、特に不便も感じなかったので ほっておいたんです。 首の後ろの少し下の部分に何か塊ができた これではいけないと気付く 予想以上に大きくなっていた粉瘤 いざ…